経営理念

老若男女すべての人が暮らしやすい社会を

日本は現在、エネルギー自給率が5%程度と非常に低く、輸入資源に依存した生活を行っています。

しかし、近年では太陽光発電、風力発電、地熱発電等、自然エネルギーの開発に世の中は変わりつつあります。

今後、有限である化石燃料を使用し続けることは困難であり、全世界で「自給自足できるエネルギー」の導入を進めていかなければなりません。

太陽は、誰もが平等に享受できる、自然の恵みです。

「地球の未来を守るためには」「平和な社会を築くためには」

私たちは社会からの要請に応えるために、この永久の問いを追求し続けます。